Pentax K-3 part 3, ISO and noises
_IMG0091

先日「色が全滅」したヤツ、色を直してからモノクロに(色以外は無修正)。

高感度が得意…という下馬評のK-3、ISO 800ではどうよ?ってことなんですがね。大きく(A0とか)することが多いウチ的に使えるなと思うのはやっぱり400ぐらいまでかなぁと。一般的なユースであれば1600ぐらいまで無問題、その後は細部のディテールが徐々に崩れて来るので、被写体によって3200ぐらいまでならA4サイズでオッケーな感じ。

Webで使う(印刷しない)のであれば、縮小表示になるということを踏まえてもっと高感度でもおそらく区別付かないんじゃないかな。ちょっと気になるのは、100、200、400とISOを上げて撮影した場合、100と200、200と400、400と800でノイズの増え方にムラがあるところ。あくまでJPG比較なのでなんともだけれど、もちっと均一にノイズが増えるようになると使いやすいかも…。RAW現像は現時点でMacが対応していない(OSデフォルトという意味=付属の現像ソフトでは出来るが、ソフトが違うと比較にならないので)から判断は早過ぎると思うが、趣味以外でデータとして「使う」側としてはそんな感じ。この辺は微妙にNikonやCanonに追いついてない感がする(だからと言ってどっちが良いということではない=Pentaxの個性と受け取った方がいいレベル=それぐらい微細)。

個人的には基本高感度は使わないという撮り方をするので、あまり高感度特性が高いというのは魅力的ではないんだが、いざという時の為にどこまでなら許容出来るかというのを知っておくのは大事。それとカメラボディの液晶で見た時と、実際のデータとのギャップ(ノイズ、明暗、色)をチェックしておけば問題ないだろう。

*model: Yoshika Sato

※K-3のレビュー一覧はこちら


このレビューはWillVii株式会社が運営する国内最大級家電・ゲームレビューサイト「みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。本レビュー掲載によるブロガーへの報酬の支払いは一切ありません。レビューの内容につきましてはみんぽすやメーカーからの関与なく完全に中立な立場で書いています。(唯一事実誤認があった場合のみ修正を行います)商品無償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちら

みんぽす

add your comment

*First time to comment? Please comment in English or Japanese to avoid your comment as spam.