Why kobo, not paperwhite?
IMG_4042

結局のところ、ポイントもあったので楽天kobo gloにしました。

実のところ、koboは最初のモデルから気になっていた(価格が低いということもあって)のだけれど、量販店でkobo touchの実機に触ってみてえらくがっかりしたという経緯があったのと、既にiPad miniを所有しているというのもあって、買い控えて次世代を狙おうと思っていたんですがね…。先日からの楽天のイーブックストアでのクーポン攻撃に負けました(笑。まぁちょうど読みたい本もあったというのもあるんですが…。

多くの人が思うであろう、「iPad(もしくはその手のタブレット)とどう違うの?」というところと、「iPad等で読めばいいじゃない」という意見にはウチ的にも賛成だったんですが、食わずものぎらいというかなんというか、これ、一度始めると戻れませんな…。巷では電池の保ちがどうとかがクローズアップされているんですが、なにがいいって発光体ではないので目にやさしい。読んでて疲れないっていうのが最大の特徴。もっと早くからやっておけばよかった…と思うぐらい、快適というかなんというか。ついでに言えば、iPad miniより遥かに軽い筐体は、寝そべって本読む時に腕が疲れない…。

そりゃ確かにiPad等に比べればグレースケール画面だしリッチなインターフェースではないけれど、実際問題「書籍」を読むのであれば確かに欧米でそれなりの数が出ている理由が納得出来る仕上がり。kobo touchに比べると普通に使えるレベル程度のインターフェースは持ち合わせていて、「あれ、これ結構使えるじゃないか」というのがファーストインプレッション。今のところ数冊しか読了していないけれど、こりゃいい買い物だったと思う。

Kindle Paperwhiteと比較して、個人的にはテキストファイルを読む事が非常に多く、また、既にある程度のコンテンツデータを持っているというのもあって、microSDが使えるkobo gloにした…というのが結論。まぁ液晶の品質そのものは同じなのと、楽天イーブックの方が(おそらくは)今後日本語の書籍を多く扱うのではないか…という期待感もかなりのウェイトを占めたことは否定出来ない。

試してみて思うのは、コミックを読むのにはあまり適していないということ。そりゃ確かにiPhoneよりは画面が広いことは広いが、iPad miniよりかは狭い。このちょっとした狭さがiPadを知っている身としては辛く感じる訳で、CPUパワーやストレージの大きさ等も相まって、個人的にコミックはiPad mini、書籍はkobo gloという図式が成り立った。決して「読みにくい」サイズではないが、もう少し大きい方がより読みやすい…というレベルだと思えばいい。


IMG_4035

でもって、届いたその日に開腹、内蔵メモリを16GBに交換という暴挙に(笑。32GBでもよかったんだけれど、手持ちのmicroSDにちょうど16GBがあったということで解決。足りなくなったら外部スロットに別SDをさすか、内蔵を32GBに入れ替えればよいだけのことなので。

内蔵メモリを多くしたので、フォントを変更。これは繋いでフォルダ作って放り込むだけというシンプルな手順。標準の明朝は、フォントそのものの太さが足りなくて読みにくいので、IPAexのゴシックにしました。あれこれ入れても使うのはひとつなので…。飽きたら違うのに入れ替えればよしということですな。

上の写真ではインターフェースが日本語になっているけれど、これを英語(環境設定で決める事が出来る)にすると、各項目のフォントが揃って綺麗。だからといって日本語の処理がおかしくなる訳でもなんでもないので。

コンテンツの方はと言うと、TXTファイルは標準で読み込みが出来るのだが、日本語が含まれていたりすると盛大に文字化け。これはShift_JISとかUTF-8とかの問題ではなく、表示ロジックの低レベル関数で躓いているらしいのでそのままでは修正不可。例え読めても横書きで、スクロール方向も左右反対になってしまうという問題点付き。これはいかんとePubに変換することを決意(大げさ)。

Macの環境でテキストファイルを縦書きePubにする…とこれはイマドキ簡単そうなんですが、実に右往左往してしまった。Windowsならパイが大きいということもあって、あれこれやり方が出ているサイトも多いのだけれど、Macになるとまだまだ少ない…あることにはあるんだが、縦書きに対応しているものを探してあれやこれやアプリケーションをインストールしては試行錯誤。結局行き着いたのは最も簡単なAozoraEpub3で、Drag&Dropこそそのままでは出来ないものの、縦書きにも表紙にも目次にも画像にもちゃんと対応しているということが判明。実のところ、これMacの環境じゃ動かないだろうなぁと思ってたんだよね。一件落着。

あとは読みたい本を都度変換して内蔵メモリか外部SDに放り込めば極自然に読む事が出来る。目にも優しいし、ちょっとした空き時間に読書とか…まぁ読むと言っても文芸書ではなくてサスペンスとかホラーとかその手の大衆小説ばっかりなんだけれどねぇ。


add your comment

*First time to comment? Please comment in English or Japanese to avoid your comment as spam.