E-Ink eBook reader on Japan market
DSCF7290

eBook、つまりデータ化された書籍やコミックというのは、向こう10年ぐらいで急速に普及すると思われる市場。国内でも各社からeBookリーダが発売されてようやくある程度まで認知されてきたところ。ここ数日、楽天のkoboアカウントをいじっているというのもあって、現在のeBookについてちょっとまとめてみようと思う。

書籍やコミック(以後、コンテンツと呼ぶ事にする)は「印刷物」であった訳だから、データとして扱うには、そのソースを作成する段階に於いて現在と過去で別の手法を取ることになる。過去に蓄積されたコンテンツの場合、その原稿は主に「紙」という媒体に「手書き」されたものが多く、それを活字という形にして印刷するというのが主たる手法。現在はパソコン等を使ってデータを先に作り、それを紙に落とすという手法。前者の場合、そもそもデータが存在しない訳なので、電子化するのであればデータとして起こし直さないとならないのは言うまでもない。後者の場合は、例えそれがハードメディアとして出版後であったとしても、元データというものが存在している訳なので、データ化するのは前者よりステップが少なくて済む。こうして作られたデータつまりコンテンツは、各社の決められたフォーマットに落されて電子書籍として流通する。

ユーザサイドでネックになるのは、例えば楽天koboで出版されている書籍が、必ずしもAmazon Kindleのマーケットに同時にあるという訳ではない…ということ。一時(現在も依然としてまだ存在するが)の音楽業界と同じで、各社が各社の都合(この場合「儲けを出したい」という欲望)で独自フォーマットを作るもんだから、結果的にユーザは必要に応じてあれもこれもと手を出して混乱する。各社で同時期に同一の書籍を扱ってくれるのであれば純粋にサービスの競争になるのだが、そこに統一フォーマットがあるにも関わらず、独自形式を作りたがる。グローバルな視点から見た場合、独自形式がマーケットに貢献しているという各社の説は疑問があるし、第一面倒くさくてかなわない。

じゃぁ自炊(自炊とは、自分でスキャンするなりして紙→データに置き換える作業を指す)すればという意見もあるが、現実問題として大量にある既存の書籍を個人で自炊するには限界があるし、第一、紙があるならソレを読んだ方が早いのは誰がみても明らかな事実。わざわざ苦労して置き換えるなんて面倒なことはやらない。

価格面についても疑問が残る。本来、電子書籍になった時点で複製の手間、つまり印刷にかかるインク代、紙代、その他や、流通コスト、及びそれらに付随する労働力は相当分が省かれる訳であり、書籍代に含まれるそれらの費用は減額されてしかりなのにも関わらず、実際には紙メディアより若干安いか同程度の価格という意味不明なことになっている。確かに黎明期である訳だから、紙メディアも同時に発行しており、かつ、それらにかかる費用というものを割り算すると、現時点ではそこそこ納得がいくのも確か。だが、いかんせん高すぎる価格設定は普及どころか、ユーザを遠ざける要因であることは明白。

データ化することにより、安易に複製が出来てしまうということを掲げて、著作権がどうのとか言い出すのはある程度までは理解出来るが、個人的には滑稽としか言いようがない。今後はこちらの方向に進むというのは避けられない事実なのだから、今のうちにそういった問題点のデータを蓄積しておき、今後どうするかというのを考え出すべきだと思う。自己の利益を優先して進化の足枷となるのであれば、いつの日か時代遅れになり忘れ去られてしまうということに気がつかないでいる。システムに守ってもらうのではなく、自分の利益は自分の努力で確保するべきだと思う。

ディストリビュータ側だけではない。ユーザ側にも問題は山積みされているのも忘れてはならない。百歩譲って回し読みはある程度許容するとしても、ネットにアップロードして不特定多数にバラまいたり、挙げ句の果ては販売したりするのは言語道断だし、リーダに対して読みにくいとか使いにくいと言うばかりではなく、こうすると良くなるのでは?と具体的かつ建設的な意見をするべきだ。(ハードウェアを)買いました、箱を開けました、電源入れました的レビューに意味があるのだろうか。買って来た当日に「これは使えない」と文句を書ける程、そのハードウェアに熟知しているのだろうか。「使いこなしているからそういう意見が書けるんだよ」とか言い訳をするのであれば、使いこなす努力をし、その過程こそが「レビュー」なのではないだろうか。

話がそれたので元に戻すことにする。

コンテンツの心配は取りあえず置いておいたとして、リーダ側はどの程度まで進んできたのだろうか。電子書籍リーダとして真っ先に思い浮かぶのはAmazonのKindleで、日本に正式に上陸しているのはKindle PaperwhiteとKindle Fire HDいう機種(Kindleには沢山種類がある)。先日世間を騒がせた楽天は、koboというカナダ製の端末をローカライズして使用。最新のkobo gloでようやく使い勝手がある程度まで「マトモ」になったらしい。他にもSonyがReaderという名称で展開する一連の商品等がある。

いずれもE-Inkという「表示に電力を必要としない6インチグレースケール画面」をラインナップに持っており、一度の充電で2〜8週間程度使えるのが特徴。クラウドに本棚を置いて、必要なコンテンツだけをダウンロードして使う…というのも似たり寄ったり。また、各々独自のブックストアを展開、専用端末以外にもスマートフォンやタブレットで読むためのアプリケーションを提供している。ただし、Mac/iPhone/iPadの環境に対応しているのはAmazon Kindleと楽天koboのみ(現時点)なので、買うということになればこの両者からのチョイスになる。

手元に実物のハードウェアがないので大雑把な予測でしかないのだが、ハードウェアそのものの質感とクオリティ(動作速度含)、見た目で選ぶのであればKindle、データのやり取りを含めた互換性で言うのであればkoboという印象を受けた。Kindleには惹かれるのだが、業界のデファクトスタンダードになりつつある電子書籍フォーマットであるePubを変換しないと読めないのはイタイ。特にMac+iPhone系の環境を構築している場合、iBooksがePub対応しているというのもあって馴染みが深いため、これをそのまま持っていけないというのはデメリット。また、いずれの陣営もTXTフォーマットは読めるはずなのだが、iPadのソフトウェアで見る限りどちらも読めない(認識しない)。あれこれ色々な手法で取り込んでみたのだが、どうやっても出てこなかった。

Kindleの場合、自炊等のデータはクラウド経由で持っていくことになるのだが、DropBoxよろしくMacのメニューバーに常駐するソフトウェアがあり、ローカルフォルダにデータを入れると自動でデバイス側にシンクロされる(はず…というのも、ご存知の通りKindle.comのアカウントは米国アカウントとか日本のアカウントとか区別があって、どうも上手く動いてない…動作がまだまだ不安定で不確実なところがあるから)。Webを経由したインターフェース、メールで特定のアドレスに投げるインターフェースも用意されている。ユーザは5GBの容量を無償で受け取ることが出来るというのもあり、対応フォーマットを用意出来るのであれば、この上なく便利。

koboの場合は、一般的なケーブルを接続して…ということになるのに加え、外部microSDカードスロットがあるのでカード経由でやり取り出来る。また、32GBまで対応しているので大容量のファイルでも扱う事が可能。Kindleもkoboも内蔵メモリのユーザ領域は1GB程度なので、それを増やせるというのはありがたい仕様になっている。

いずれのケースにせよ「読むための道具」な訳だから、ガジェットとして云々というより、読む時のストレス以前に読むまでのプロセスは少ない方がいい。クラウド経由にするかメモリカード経由にするかは各自の好みの別れるところ。選択時にブックストアに自分が読みたい本があるかどうかというのも大きな選択になるだろう。そう言う意味ではデータの互換性がまだまだ黎明期のシリコンプレイヤーの頃と非常に似通っており、国内でのスタンダードはどこになるかというのは非常に興味深く、今後の成長が楽しみな業界でもある。


2 responses
sudoku

専用リーダーだけでなく、PC/MACで読む事が多いので、独自formatは勘弁してほしいです。
というか真面目な文献等々はリーダーじゃなくてデスクで読む方が多くないですか?
カラーの雑誌やコミックスも全部自炊してzipかpdfにしてデスクで読む方が私は多いですねぇ。
MacでiBooksがデスクトップにくるのはそういう意味で私には朗報です。

V.J.Catkick

ウチは技術解説以外は今のところ全部iPadで読んでます。
最近、歳とったせいか、iPad液晶のグレア画面で目が疲れるもんで、ノングレアの端末を探し始めたところ…とまぁそんな感じですね。

add your comment

*First time to comment? Please comment in English or Japanese to avoid your comment as spam.