TwitterのREST APIとか
_DSC1310
Twitterがセキュリティ強化の為にAPIを変更し、その移行期間が終了したのが確か3月だったと思うから、それから4ヶ月…ようやくプラグインを書き直しましたです、ハイ。というのも、新しいAPIがえらく面倒なのと、Twitterのプラグインそのものがレガシーコードの固まりで継ぎ足し継ぎ足ししてきたというのもあってかなりスパゲッティ。APIがらみで大幅にロジック変えないとダメだったというのもあって、全部消して作り直しましたです。

いやね、実はこれまでも何回かTwitterのAPIをいじってみたんだけれど、ドキュメントを含めてかなり複雑なシロモノでして、サンプルをちょっといじって挫折(笑)を繰り返してたりしたんですよ、奥さん(誰だよ)。というのも、ドキュメントそのものがサードパーティーのライブラリ前提で書いてあったりするところが多く、APIの説明があっても「じゃぁ実際はど〜なのよ?」というところが欠落。これはライブラリのソースを追うしかないか…と、以前も一度ライブラリを使ってみたんだけれど、一発目のロードでエラー出たりして投げちゃったんだよねぇ(短気)。

ライブラリはいくつかあるんだけれど、コンパクトにまとまっているということでtmhOAuthを使う事に。というか、多分コレならプラグインとかに同梱してもサイズ的に問題ないかな、と。因みに作ったヤツはサンフランシスコに住んでいるMatt Harrisって人。
ホームページはこちら

f17806e6946ed70d1823c46efb1d978a
Matt Harris
でもってtmhOAuthてのがPHP 5.3以上でないと動かない…これに気がつくまで偉く時間がかかった…というか、はっと思うまで時間がかかったというのが正しい。ウチのページはテストサイトも含めてPHP 5.1だったんだよ(笑。マメにアップデートしろってウワサもあるが。

肝心のコードの方も、ライブラリのソースをちゃんと読んで…と。あぁなるほどこうなってるのね…簡単じゃん…というか、もっと早く気づけよ、オレ状態。ということで一旦手なずけてしまえば後は楽。ひょいひょいとまとめてテストサイトにポン。ほらちゃんと動くじゃ〜ん(この時点で今までの苦労とか忘れてる)。

oAuthは最近のAPIの流行なんだけれど、場所場所によってAPIがまちまちなのが欠点。どれもアクセストークンを使うのは変わりないのだけれど、例えばTumblrとかInstagram、Foursquareとかは一度取ったアクセストークンで使い回せるけれど、Twitterは都度取らないとだめだし、Facebookは実装が中途半端で動いたり動かなかったりする部分が多くて謎だったり…ちったぁ作る側の身にもなれってばさ(笑。

セキュリティ強化することは、ある意味いいことだと思うけれど、コードが鈍重になるのはイヤだなぁ…。

add your comment

*First time to comment? Please comment in English or Japanese to avoid your comment as spam.