NASUのラスク(Pentax Q10 その3)
_IGP0921

いただきもののラスク、NASUのラスク屋さん謹製…ということで、実はネット上でそれなりに有名らしい。なんかどっかで聞いたことがあるような気がするなぁ…と。もしかしたらあの人あたりが既に紹介とかしてたかな…。

これだけ写ればいいでしょう…と思うんだけれどどうでしょう、Q10。あれこれ撮ってみているけれど、良い意味で期待はずれというかなんというか。何度も書くけど初代がイマイチだったのでその印象が強く、これもそこそこなんじゃないの?と正直思っていたところ。レンズは変わってないので、ボディの性能が上がったということになる。コンパクトデジタルカメラのセンサーもチューニングとレンズ次第でここまで引っ張れるのか…と、技術は進んだもんだ。

もしRAWで撮るのであれば、ボディの設定にあるディストーション補正はオフにした方がいいかも知れない。RAWファイル内に保存されるプレビュー画像は補正がかかった状態のもので、現像ソフトに入れるとかかってないものが出て来る。センサーサイズが小さいのも手伝って、このディストーション系は落差が激しい為、JPGで撮るなら問題ないのだが、RAWで現像するのであれば、現像ソフトの方で補正した方がいいだろう(結果的に補正することになるので)。

レンズのラインナップにマクロレンズがあれば完璧なのだが…。


このレビューはWillVii株式会社が運営する国内最大級家電・ゲームレビューサイト「みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。本レビュー掲載によるブロガーへの報酬の支払いは一切ありません。レビューの内容につきましてはみんぽすやメーカーからの関与なく完全に中立な立場で書いています。(唯一事実誤認があった場合のみ修正を行います)商品無償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちら

みんぽす

add your comment

*First time to comment? Please comment in English or Japanese to avoid your comment as spam.